健康を気にするみなさんが気になる話題をあつめてみました

「ヒフミド」保湿クリーム

「ヒフミド」クリーム(保湿クリーム) について

「ヒフミド」クリーム(保湿クリーム)

天然型セラミドⅡ(保湿成分)を4%高配合のスキンケアクリーム

人の皮膚に存在するのと同じ構造を持つ天然型セラミドⅡ(保湿成分)を4%配合。肌自信のバリア力を直接補充して、水分の蒸散を防ぎ外部の刺激から肌を守ります。
乾燥や肌荒れ、乾燥による小ジワやくすみが気になる肌、刺激に弱い肌に深いうるおいを与えます。

「ヒフミド」クリーム(保湿クリーム)の基本情報

  • 乾燥や肌あれ、乾燥による小ジワやくすみが気になる肌、刺激に弱い肌に。肌のバリア機能を直接補充し、健康肌に導きます。
  • 肌なじみがよく、伸びのよい なめらかなクリーム。肌にやさしい弱酸性です。

「ヒフミド」クリーム(保湿クリーム)の主な成分

【バリア機能成分】天然型セラミド2(4%配合)、フィトステロール(ダイズステロール)
本クリームに配合の天然型セラミド2は、フィトステロールとの組み合わせで、皮膚の角質細胞間脂質と同じラメラ液晶構造*を形成しています。
*角質細胞間脂質の水分をはさみこむ層状の構造
【保湿成分】ホホバ油、グリセリン、オウバクエキス

●内容量:22g
●税込価格:4,200円

「ヒフミド」クリーム(保湿クリーム)の使用方法

・容器から適量をとり、乾燥が気になる部位または顔全体になじませます。特に乾燥が気になる場合は少し多めにお使いください。

・メイクの下地やナイトクリームとしてもお使いいただけます。

・顔用のクリームですが、身体や手などにもお使いいただけます。

「ヒフミド」クリーム(保湿クリーム)の注意点

●傷やはれもの、湿疹など異常のあるところには、お使いにならないでください。

●本品がお肌に合わない時は使用を中止してください。
1.使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激などの異常が現れた場合。
2.使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常が現われた場合。
※そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科医にご相談されることをおすすめします。

●目に入らないように注意し、入った場合や異常を感じた時は、すぐに充分洗い流してください。

●乳幼児の手の届かない所においてください。

●直射日光のあたる場所、極端に高温または低温の場所には保管しないでください。

●ご使用後はフタをきちんと閉めてください。

※天然由来成分を配合していますので、クリームにはパール状の光沢が見られる場合がありますが、品質には問題ございません。

「ヒフミド」クリーム(保湿クリーム)の気になるところ

「ヒフミド」クリーム22gで利用できる期間は?
1回、あずき粒大を顔全体に使用するとして、1日1~2回の使用で、約1ヶ月~1ヶ月半程度の期間ご使用できます。(1回の使用量など個人差によります)
「ヒフミド」クリームを開けてから利用できる期間は?
開封後の利用できる期間は、2~3か月が目安となります。
「ヒフミド」クリームはどんなタイミングで使うといいか?
いつでも利用でき、入浴後(洗顔後)、就寝前がより効果的です。
※洗顔後、ヒフミドモイスチャーローションの後に使うと、さらに効果的です。
「ヒフミド」クリームが、硬い(やわらかい)ものもありますが、大丈夫ですか?
ヒフミドクリームは温度や湿度により、硬さが違うことがあるが、品質には問題ありません。

「ヒフミド」クリーム(保湿クリーム)も入ったトライアルセット

ヒフミドのトライアルセットは送料無料で980円!

「ヒフミド」トライアルセットの詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 健康いいなドットコム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.