健康を気にするみなさんが気になる話題をあつめてみました

PM2.5対策

健康に悪影響を及ぼすといわれている「PM2.5」。中国からの大気汚染の日本への影響が懸念されています。PM2.5対策のため、正しい知識と飛散状況や予測の情報を入手して、健康被害を防ぎましょう。

PM2.5の基本情報

問題となっている大気汚染物質「PM2.5」についてまとめました。

PM2.5とは

PM2.5と「微小粒子状物質」と呼ばれ、粒径2.5マイクロメートル(2.5mmのなんと千分の1!髪の毛の太さの1/30程度!)以下の粒子の物質のことを指します。工場などの排気ガスなどに含まれるすすが主成分といわれています。

PM2.5の大きさ

PM2.5は髪の毛の断面の大きさやスギ花粉よりも小さい「東京観光局」より

PM2.5の研究はアメリカで行われ1997年に規制が設けられていて、日本では1975年から「SPM」と呼ばれる粒径10マイクロメートル以下の微粒子について、環境基準が設定され同時に大気中の監視がされています。

なぜPM2.5なのか

アメリカで大気中の微粒子濃度と死亡者数との相関が調査され、PM2.5濃度がPM10濃度よりも死亡者数と高い相関をしめすと報告されています。より小さい粒子のほうが健康におよぼす影響が大きいということです。

PM2.5はとても小さな粒子の為、大きな粒子よりも気管を通り肺の奥まで届きます。またPM2.5のほとんどは、排ガスなどにの有害ガスが凝集してできた微粒子であるため、大きな粒子よりも有害成分を多く含んでいるからだともいわれています。

PM2.5が及ぼす健康被害

PM2.5はその小ささから、吸い込めば肺の奥や血管に入り、ぜんそくや気管支炎などを引き起こすとされています。懸念される健康被害としては、循環器系がん(肺がん)や呼吸器系の疾患(気管支炎、ぜんそく)の悪化、花粉症などの健康影響との関連が懸念されている。

日本に飛来してくる時には、濃度が薄まった状態なので一般の方であればあまり心配することはないようですが、ぜんそく持ちの小さなこどもや、大人でも呼吸器系の疾患を持っている人は注意が必要なようです。

健康な大人はあまり気にする必要がないと報道されてていますが、健康に関わることなのですごく気になります。特にこどもをお持ちの方や、ぜんそくの方は心配でしょう。

日本での環境基準は

大気中に浮遊する粒子状物質のうち、呼吸器に吸入されて、人の健康に影響を及ぼす粒径10μm以下のものについて、昭和48年に浮遊粒子状物質(SPM)と定義して環境基準が定められました。

日本では平成21年9月に、PM2.5の環境基準を以下の様に定めています

1年平均値 15μg/m3以下 かつ 1日平均値 35μg/m3以下

中国でのPM2.5に関する状況

中国では北京などを中心に冬に大気汚染が悪化する傾向があり、春節の爆竹の煙もPM2.5の発生源のひとつといわれています。また中国の世論調査では、大気汚染によって生活に影響が出ていると答えた人は9割を超え、約4割が外出時にマスクをつけるなどの対策をしているというから驚きです。

PM2.5に”黄砂”が加わり大気汚染より深刻に(2013.2.28-ANNnewsCH)

日本の環境基準の15倍・・・。北京では町全体がくすんだ色になっているようです。黄砂とかさなるとより人体に影響するとのことで注意が必要ですね。
PAGETOP
Copyright © 健康いいなドットコム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.