白髪の原因は「糖化」という体がコゲつく老化現象が原因のひとつ

ヘア頭皮ケア

白髪の原因は「糖化」という体がコゲつく、老化現象が原因のひとつで、AGEsが髪に悪影響を及ぼし、髪に関わる細胞の機能を低下させていまいます。AGEsは頭皮や髪、毛根にも蓄積することもわかっています。白髪を期に、食生活や生活スタイルを考えるきっかけにも!

糖化は「体のコゲ」頭皮、髪も糖化する

糖化は「体のコゲ」で老化、病気の原因といわれていて、骨・眼・肌・脳などあらゆる場所で老化が進み、がん、糖尿病、高血圧などの病気を引き起こすといわれています。

そして、頭皮、髪も例外ではないんです。

頭皮、髪も糖化の影響を受ける

頭皮の真皮層にあるエラスチンやコラーゲンが糖化すると頭皮は硬くなって、血管にも悪影響がでて、髪に関係する細胞が元気を失っていきます

糖化の最終生成物といわれるAGEsは、頭皮や髪、毛根にも蓄積することが解っています。髪は、毛母細胞というものが分裂するときに、メラノサイトから色素を取り込むことで色つきの髪になります。

でも、このメラノサイトにもAGEsが溜まるんです。AGEsが溜まると、メラノサイトの機能が衰えていき色素をつくれなくなります。

すると、生えてくる髪は、もちろん「白髪」です

糖化というのは、あらゆるところの機能が低下させる、そんな恐ろしいものなんです。

白髪の場合はまず、メラノサイトがメラニンをつくれなくなたら、、、終わりってことですよね。仮に、メラノサイトがちゃんと機能してても、毛母細胞が機能してなかったら、それもダメでしょ。

取り込む側の毛母細胞と、メラニンをつくるメラノサイトがちゃんと機能してはじめて、色つきの髪が生えてくるって、人間のカラダってほんとすごい。

カラダの中に余分な糖があるから糖化する

からだの中の余分な糖とたんぱく質がくっつき、劣化してAGEs(糖化最終生成物)という老化物質に変わることを「糖化」といいうそうです。

憎き糖化最終生成物「AGEs め!」って思うけど、余分な糖がなければいいので、糖分の取りすぎはダメ!

結局は、食事に気を付けることが、白髪の予防にもつながるということです。

白髪よりも恐い病気の予防にもなって、健康にもつながります。肌の老化も糖化が関係しているので、美容に良いですね ♪

白髪を期に、食生活や生活スタイルを考える

白髪を期に、食生活や生活スタイルを考えてみるのもいいですね。

過度な糖質制限はダメ、糖分は適度にとる「ロカボ」にしてみるのもいいですね。ロカボは、どれを食べてもいい、工夫をして、美味しく楽しく適正量の糖質をとるものです。

私の手元に、ロカボマークがついたお菓子が2つあって驚いています。ロカボマークはこんなマークです↓↓↓↓

低GIといわれるものを食べたり、食事はまず野菜から食べるなど、工夫をして、血糖値が急激に上がらないように気を付けるのも大事なんですね。

あと、ちゃんとご飯を食べたのに、食後2時間ぐらいでお腹が減る人、それは「糖化注意報、または糖化警報」みたいです。心当たりがある人は気をつけてね!

お腹が減っている時は、カラダが栄養を吸収するべく頑張っちゃうので、ここで、いきなり揚げ物食べたり、糖分たっぷり甘~いものとかはNGなんだとか、、、。

やっちゃうなぁ、、、やっちゃいますよね! 気をつけます。

栄養不足や血行不良も白髪の原因のひとつ

そもそも栄養不足だと元気な髪は生えてこないので、栄養のバランスを考えた食事をする。そして、その栄養を頭皮に運んでもらうためには、頭皮マッサージや首・肩のストレッチもいいと思います。

私は、血行不良に心当たりがあるので、頭皮マッサージや首・肩のストレッチをしています。これのおかげかは分からないけど、白髪が復活したんです。

健康で日々の生活を送るには、やることいっぱいあるなぁ。白髪には糖化が関係しているので、抗糖化にも取り組んでいけば、健康面にとってもいいことばかりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
kyoka

健康いいなドットコムの住人の京香です。今後いろんな不調が現れてくるであろう、古都に住む30代が、いろんな「いいな!」をお届けしています。

当ブログ「健康いいなドットコム」は、ヘルスリテラシーを高めて人生のQOLを上げ、楽しく暮らしていきたいという思いから、はじめたブログです。

健康は美に通じるので健康・美容のことがメインですが、時にはそれ以外のことも配信するので、よろしくお願いします!

kyokaをフォローする
ヘア頭皮ケア 白髪
kyokaをフォローする
健康いいなドットコム
タイトルとURLをコピーしました